炎の料理教室

新発田ガスのショールーム「くらすテージ」で行われるイベントの様子をお伝えしております。

炎の料理教室

新発田ガスのショールーム「くらすテージ」で行われるイベントの様子をお伝えしております。

あっちゃんの夏の中華♪

2011年8月4日 18:16:33 | nikotan

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

最近、「ブログいつも楽しみにしてます♪」と声を掛けてくださったり、ブログの隠れファンがいる??らしい・・・等の噂を耳にして、嬉しい限りです★

一層のこと更新頑張らないとですねっ!!

今日のネタは今週の月曜日に開催されました大人気料理教室『おうちで中華』コースの模様をお伝えいたします。

講師はこれまた隠れファンの多い新潟調理師専門学校渡辺篤先生です。

(勝手にあっちゃんなんて呼んでゴメンナサ~イ・・・汗!)

8月の料理教室第一発目【おうちで中華】のメニューはコチラ↓↓↓↓

❤❤五目冷やし中華❤❤

❤❤茄子のゴマ和え❤❤

❤❤エノキ茸と豚肉のサッパリお酢炒め❤❤

いかがでしょうか。。。

五目冷やし中華は夏の鉄板メニューですし、サイドの2品も自宅にある材料で簡単に作れますのでナイスですよー。

あっ、茄子のゴマ和えには練りゴマを使用いたしますので、これだけ買っておいて下さいね!

中華に練りゴマは必需品ですよ(坦々麺とか・・・・)

あっちゃん流冷やし中華@ポイント

①具材は各々個別に盛り付けるのではなく、ぜーんぶ一緒に混ぜて盛り付け!

 その方が簡単ですし、食べる際にもよく麺とスープが絡みます。

見た目にも大胆で、食欲をそそります。

②卵は薄焼きの錦糸卵にするのではなく、炒り卵に!

 手間が省けるし、炒り卵がスープをよく吸ってくれるので、麺と絡めて食べたときに

 より美味しく感じるのです。

③スープの隠し味に生姜の絞り汁とレモンのスライスで夏らしくサッパリ感を!

 お酢とレモンの2種類の酸味が味に奥行きをもたせてくれるのです。

ポイントは他にもまだまだ沢山有りますが、この辺で・・・参加していただいた生徒さんの特権です。笑

他2品⇒ナスは皮をむいて拍子切りにしたものに塩と油をまぶし、蒸し器でふっくら柔らか~く蒸し上げます。

レンジでチンもOKですが、より美味しく頂くにはやはり蒸し器が◎◎

あとは篤先生秘伝の??練りゴマに醤油・砂糖・酢・・・・etc を混ぜた合わせ調味料と和えて仕上げに大葉の千切りを盛り付けて出来上がり。写真の方では合わせ調味料と一緒に和えてしまいました。どちらでもけっこうですよ☆

炒め物はとってもヘルシー!

油を敷かずに、フライパンに直接豚バラスライスの千切りを炒めて、脂が出てきたらエノキを入れ、最後に生姜ときゅうりの千切りを加えサッと炒めて、味付け→完成!!

味付けももちろん秘伝の合わせ調味料で!

仕上げにお酢をいれてあるのでサッパリとしてますが、豚肉の甘味やコクもあるのでモリモリ食べれちゃいます。

 

こんな感じで中華は合わせ調味料を事前に作っておくことと素材の下処理をしっかりと行うことが大事なのだそうです。

合わせ調味料を準備しておけば、高火力で短時間にざざっと炒めて、味付けに手間取ることもなく美味しく仕上がります。

因みに・・・・皆様ご存じとは思いますが、冷やし中華は中国料理には存在しません。

夏場の暑い時期には常温の麺を食すそうです。中国の方はビールも常温で飲みますしね★

なので冷たく締めた麺は日本ならでは・・・のようです。

またまた長くなってしまいました。

長文・乱文にお付き合いいただきありがとうございます。

本日はこの辺で!

ではまたの更新をお楽しみに★

index.php