炎の料理教室

新発田ガスのショールーム「くらすテージ」で行われるイベントの様子をお伝えしております。

炎の料理教室

新発田ガスのショールーム「くらすテージ」で行われるイベントの様子をお伝えしております。

1月23日 フランスの家庭料理

2020年1月30日 14:43:06 | nikotan

フランスの家庭料理教室の様子をご紹介致します

 

講師 Cooking Studio M

   高橋 美奈子先生

 

 

 ・・ *** M E N U *** ・・ 

カステルノダリー風カスレ

カマンベールと干し無花果のスフレ

冬のマンディアン

 

 

 

こちらの3品です

カスレは、フランスの白インゲン豆の煮込み料理の名称ですが

3大カスレと呼ばれる地方(村)の名が入ったカスレに

分かれていて協会で入る食材が規定で決まっているそうです♪

・カステルノダリー風・・・豚肉・ソーセージを使う

・カンカソンヌ・・・カステルノダリー風に羊肉を使う

・トゥ-ルーズ・・・ベーコン・羊・ガチョウ・鴨等が入る

 

今回は、一般的なカステルノダリー風を作りましたよ

 

塩漬けした豚肉を使い

もちろん白インゲン豆を加え1時間程煮込みました

 

 

 

 

いちじくとカマンベールを中にトッピングした

前菜のスフレです

材料を加熱し途中で卵黄を加え

しっかり泡立てたメレンゲを入れふわふわな生地を作ります

器に流し間に材料を挟みオーブンで焼きます

 

熱々を食べてください時間が経つとしぼんでしまいます~

 

 

 

マンディアンはビターなチョコを溶かし薄くしたところににナッツやドライフルーツを

刻んで乗せ冷やし固めて作ります

修道士の(ドミニコ・カルメル・フランシスコ・聖アウグスチノ)の4色の服の色に

ちなんでいることから修道士の意味を持つ『マンディアン』と呼ばれるそうです

小さく作るとコロンと可愛らしく1口サイズに出来ました!

 

 

フランスの家庭での冬を食を通して体験できました♪

ご参加いただきまして

ありがとうございました!!

 

 

index.php